防犯対策のために交換する鍵の相場【鍵トラブル解決のための費用】

さまざまな鍵破りの方法を防ぐ鍵【方法ごとに対応する鍵】

鍵トラブルが起こった時のために知っておきたい費用相場

防犯対策の一環として鍵を交換する場合、気になるのが費用の問題です。鍵交換による費用の相場はいくらくらいが相場となるのでしょうか。

作業内容や鍵の種類によって異なる費用

防犯対策のために鍵交換を依頼したいのですが、費用はどのくらい掛かりますか?
私共の鍵交換では、出張費と作業費を合わせて1万円から1.5万円、さらに鍵の費用を合わせた額を鍵交換の費用として請求します。防犯対策のためということですので、防犯性が高い鍵であるディンプルキー及びCPマークが付いた鍵を使用する場合、鍵の費用は1万円から3万円掛かります。つまり相場では安くて2万円、高くて4.5万円掛かると覚えていただきたいです。もちろん、昔ながらのディスクシリンダーやピンシリンダーであれば、鍵の費用が先程上げた金額の半分となるためリーズナブルに交換ができます。防犯性という面ではオススメできませんが、引き続き同じ鍵を使用し続けたいという人であればより安い費用で施工をお受けいたします。
子供に持たせるために合鍵を作成したいのですが、いくら必要になりますか?
合鍵の作成費用は、500円から4,000円が相場となります。昔ながらのディスクシリンダーやピンシリンダーですと、およそ500円から1,000円。鍵の構造が似通っているロータリーシリンダーもこの価格と同じです。価格が高くなるのが、ディンプルキーなどの特殊な構造の鍵です。こちらは2,000円から4,000円の費用が掛かるため、他の鍵に比べるとやや高めになりますね。あらかじめ鍵の種類をお伝えくだされば、スペアキー作成の具体的な費用をお伝えします。

子供に鍵を持たせる時に気を付けるべきこと

子供に鍵を持たせる場合、防犯対策のために重要となるのが、鍵の持たせ方と扱い方、さらに鍵の大切さについての意識です。スペアキーを子供に持たせたとしても、ポケットから落としてしまうことや、カバンに入れてカバンごと置き忘れてしまうことなど、失くしてしまうリスクが大きいのです。失くさないように、ズボンに取り付けられるキーホルダーに鍵を取り付けるといった対策をとるとよいでしょう。また、鍵の扱い方なども注意が必要です。暗証番号キーなどを開ける際に、誰かに見られてしまうことや、スペアキーをどこに隠し持っているかといった情報を見られる可能性があります。周囲に不審者がいないかを確認させた上で使用させましょう。鍵の大切さの意識は最も重要といえます。鍵をないがしろにしている子供は、普段から鍵を持ち歩かないことや、鍵のかけ忘れをしてしまうことも多いため、空き巣や強盗に遭うリスクが大きくなります。どれだけ鍵が大事なものかといった意識付けをさせることで、自然と鍵の扱い方や所持の仕方も改善されるでしょう。

TOPボタン