防犯対策のために選ばれる鍵~鍵トラブルも防げる~

さまざまな鍵破りの方法を防ぐ鍵【方法ごとに対応する鍵】

防犯対策に最適な鍵の種類

空き巣による被害を防ぐためには、より防犯性の高い鍵を取り付けることが効果的です。ここで、防犯性が高いとされている鍵の種類について説明します。よくある鍵トラブルなどを防ぐ鍵もあるため、そういった点にも注目しましょう。

鍵トラブルを未然に防ぐ!防犯性の高い鍵とは

ロータリーシリンダー
通常のシリンダー錠に比べ、このロータリーシリンダー錠は解錠に時間が掛かる鍵です。通常の回転タンブラーにはない、回転を阻害するロッキングバーが備え付けられているため、ピッキングによってシリンダーを回転させるだけでは解錠することができません。空き巣がこの鍵を解錠するには長い時間が掛かるので、ロータリーシリンダーを取り付けるだけで空き巣に狙われにくくなります。
ディンプルシリンダー
ディンプルシリンダーは、「ピンシリンダー」と呼ばれる鍵を発展させたものです。通常のピンシリンダーは錠の中に複数のピンがあり、正しい鍵を差し込むことでピンが正しい位置に動いて、錠を回転させることができます。しかし、このピンシリンダーはピックガンと呼ばれる器具を使用することにより一瞬で解錠されてしまうため、問題となります。そこで登場したのが、ピンの本数が非常に多いディンプルシリンダーです。通常のピンシリンダーに比べて構造上複雑であるため、ピックガンで開けられることはありません。しかしながら、製品によってはピンの数が少ないため、バンピングで簡単に開けられてしまうこともあります。取り付ける際には、きちんとバンピング対策がされたディンプルシリンダーを選びましょう。
暗証番号キー
暗証番号キーとは、扉に備え付けられたテンキーを入力することで、鍵を開けることができるタイプの錠前です。鍵穴がないのでピッキングやバンピングといった手口が防げるほか、キーレスであるため鍵を紛失するなどの鍵トラブルにも対応できます。しかし、長年同じ暗唱番号で使用している場合、特定のキーに汚れや塗料のすり減りが現れるため、簡単に番号を知られてしまう場合があります。また、キーに特殊な塗料を塗り、ブラックライトを当てて指紋が集中している場所を特定するといった鍵破り方法もあるため、暗証番号キーさえ設置すれば安心というわけではありません。番号をこまめに変えるなどして、暗証番号を見破られないための対策を講じましょう。
カードキー
カードキーとは、特殊なカードを錠に通すことで鍵を外すことができる錠前です。ICチップの情報を読み取るタイプや、磁気を読み取るタイプが主流となっています。暗証番号キー同様に鍵穴がないので、鍵穴を操作する鍵破り方法に強い鍵です。また、鍵穴を差し込まずに鍵を開けられるため、通常の鍵よりも快適に使用ができるのも利点となります。しかし、今後ICチップの磁気情報などを電子照合し解錠する空き巣が現れる可能性があるため、ICチップの照合と同時に、鍵を差し込むことでカードに開けられたパンチ穴などで解錠する、ハイブリッドタイプのカード錠の方を選ぶとよいでしょう。
TOPボタン